足裏にカイロを毎日貼り続けると効果はある?暖かくないときや熱すぎる場合

足裏にカイロを毎日貼り続けると「冷え解消」や、「ダイエット」の効果があるという噂がありますね。

もちろんダイエットには運動も必要ですが、冷えを解消することで痩せやすくなるのでその理由についてもお話しします。

他にもデメリットやカイロが暖かくない時の貼り方や熱すぎるときの貼る場所などについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

足裏にカイロを毎日貼り続けると効果はあるのか

足裏にカイロを毎日貼り続けるメリットは主に2つあります。

  • 冷え解消
  • ダイエットにつながる

それでは、詳しくご説明していきます。

 

冷え解消

足裏に毎日カイロを貼り続けるメリットは、冷え性が解消されることです。

足裏にはたくさんの血管が通っています。

足裏にカイロを貼ることで暖められた血液が身体全体に循環し、じんわりとあったかく感じるんです。

身体全体が暖かくなるため、続けていけば冷えの解消につながりますよ。

 

ダイエットにつながる

もちろん、足裏にカイロを貼るだけで痩せるといった直接的なダイエット効果はありません。

足裏にカイロを貼り、身体全体を暖めることで代謝が上がり、ダイエットにつながるんです。

そもそも、身体が冷えていると太りやすい体質となってしまいます。

身体が暖まれば、体脂肪がエネルギーに変換されやすくなり燃焼されるようになります。

ダイエットに有効なのは、やはり運動です。

足裏にカイロを貼り、身体を暖めつつ運動することでダイエットの手助けとなるんですね。

スポンサーリンク

デメリット

足裏にカイロを貼り続けるデメリットは、低温やけどになる可能性があることです。

低温やけどは同じところにカイロを貼り続けることで起こります

44℃〜50℃のものに長時間触れ続けると赤みが出て、水膨れや痛みを引き起こします。

ひどい場合だと、皮膚が壊死することも。

 

足裏カイロを使用する時は必ず靴下を履くことや同じ箇所に長時間当てないことで防ぐことができます。

また個人差があり、皮膚が薄い人であれば短時間や低い温度でも低温やけどになる可能性があるので注意が必要です。

気付かないうちに重症化している場合もあるので、必ず使用方法を守るようにしましょう。

足裏カイロが暖かくならないのはなぜ

足裏カイロが暖まらないのは、酸素が足りていないからです。

通常、カイロは酸素に反応して暖まります。

足裏カイロを貼り付けた後、すぐに靴を履いてしまうと酸素に触れられていない可能性があります。

その場合は足裏カイロが暖かくなりません。

 

また、ブーツなどの深みのある靴の場合はなおさら酸素が届きにくいです。

その場合、一度靴を脱いで酸素と触れ合わせてからまた靴を履くようにしてください。

そうすることで、暖かさを感じられるはずです。

スポンサーリンク

カイロの暖まる貼り方

足用のカイロには、専用のものを使用する方がより暖まります

靴用やつま先用、足裏用など様々な種類があります。

 

末端冷え性の場合はつま先を暖めるカイロがオススメです。

私も末端冷え性なので、足先だけが冷たい状態の辛さがよく分かります。

足先がじんわり暖かいと、やはり安心するんですよね。

足裏全体を暖めるのはゴワゴワして気になるという場合は、つま先用から使ってみてはどうでしょうか。

 

また、今すぐ冷えをどうにかしたいという場合は、足首を暖めるのが手っ取り早いです。

内くるぶしの後ろのアキレス腱との間に「太谿」という冷えに効くツボがあります。

また、太い血管も通っているので身体全体を暖めることができるんです。

足首に巻き付ける、「足首ウォーマー」も販売されています。

 

時と場合によって、足裏、つま先、足首と使い分けてみてくださいね。

 

足用カイロが熱すぎる場合どうする?

足用カイロが熱すぎる場合は、酸素に触れる部分を減らしましょう。

上記でもお話しした通り、カイロは酸素に触れることで暖まります。

そのため、酸素に触れる部分を少なくすれば温度を調節することができるんです。

方法としては、セロハンテープなどを粘着シートの反対側に貼ることです。

全てを覆ってしまうと、冷たくなってしまうので、真ん中や端っこなど調整しながら貼るようにしましょう。

自分好みの適温を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

足裏にカイロを毎日貼り続けると効果はあるのかまとめ

足裏にカイロを貼り続けるメリットとしてあげられるのは、暖めて代謝を上げるです。

足裏はたくさんの血管が通っているので、暖めることで身体全体に熱が行き渡ります

また、身体を暖めると脂肪が燃焼しやすい身体になっていきます。

運動をしながらも冷えを解消することがダイエットとつながっているんですね。

 

一方で、低温やけどには注意が必要です。

気づいていないうちに暖まりすぎていることもあるので、使用方法をよく確認しておきましょう。

足裏カイロが暖まらない時は、酸素に触れさせてから靴を履くと解消されますよ。

足裏だけでなく、つま先や足首につけることでも効率よく身体を暖めることができます。

足裏カイロが熱すぎる時には、セロハンテープを貼るなどして酸素と触れ合う部分を少なくしてみてください。

 

貼り方や使い方に気をつけて、ぜひ効果を感じてみてくださいね。

スポンサーリンク